ブログトップ

シンプル ビューティー La Pomme

luxesalon.exblog.jp

タグ:乾燥肌 ( 10 ) タグの人気記事

冬肌対策。保湿ケアとバリア機能アップ。

Winter Treatment
老化の加速は乾燥から。
e0108851_12455011.jpg
冬のお肌は夏のダメージをまだまだ引きずっている状態。夏のダメージ肌の代表は、紫外線による乾燥と光老化です。お肌は約一1ヶ月かけて生まれ変わるため、夏が終わり、9〜10月になると、肌からツヤや滑らかさが失われたようなカサつきや、ゴワつきを感じることがあります。

これは、紫外線が表皮細胞に悪影響を与えた結果、角質層に機能不全の細胞が多くなり、保湿機能やバリア機能が低下している状態です。自覚がなくても、夏の紫外線の真皮への影響は大きく、コラーゲン繊維の破壊による深ジワや弾力低下などの肌老化現象発生の可能性が潜んでいます。

これから本格的に乾燥してくる冬に向けてしっかり保湿ケアと、バリア機能アップのお手入れが必要です。

この保湿ケアのポイントがもし、宣伝を鵜呑みにした間違ったケアを、続けてしまうとお肌の内部は肌老化が進行していきます。

バリア機能が低下してしまうと、お肌は過敏になるため、スキンケアやメイクをするとむず痒くなったり、チクチクした感じになったり、化粧水がしみたり…

美容液やクリームの保湿アイテムでのお手入れをしっかりすることと、エアコンなどの肌乾燥に気をつけたり、洗顔のし過ぎに注意をしましょう。

保湿はセラミドがオススメです。セラミドと謳っていても、鉱物油も配合されている商品もありますから(鉱物油で油膜をつくる)購入の際はしっかりチェックしましょう。


食事や生活習慣、スキンケアも気をつけているのに、お肌の状態が今ひとつ・・・とお悩みの方はスキンケアレッスンやフェイシャルエステでお肌の改善をしてみませんか?




e0108851_20151988.jpg





e0108851_15462136.jpg








e0108851_21463588.jpg


KYOTO






[PR]
by lapomme-beauty | 2016-12-03 12:50 | ◆サロン便り | Comments(0)

ツヤ肌で美人度アップ

Maquillage
肌に影をつくらない。
e0108851_09443350.jpg
エイジング世代の鉄則です。



ファンデーションでお肌の均一感を
整えるだけで随分と違いますね♡



とくに目の周りとこめかみの
影がないだけで、キレイさが際立ちます。


鼻の赤味もないほうが
あか抜けた印象を与えます♡


殆どノーメイクでもきれいなうらやましい
お客さまもいらっしゃいますが
やはりワタクシにはポイントメイクなど
錯覚アイテムは必要(笑)



疲れや寝不足、しみなどカバーしたいとき
目のまわりのコンシーラーは役立ちます。



ただ、お肌の乾燥がきついと
コンシーラーはムラになりやすく、
かえってお肌の状態を
ひどく見せてしまいます。



普段からお肌を乾燥させない様
保湿ケアを心掛けるといいですね。




保湿クリームをしっかり
塗っていても乾燥する場合
お肌を乾燥から守ってくれる皮脂を
取り過ぎているかもしれません。



こんなときは


洗浄力の強いクレンジングを
避ける
必要があります。



ラポムでおすすめしている
レデマキャンマランは
皮脂を取り過ぎず
海の成分で健康的なお肌に
整えてくれます。



お肌がしっとり潤っていると
コンシーラーやファンデーションが
キレイに馴染んでくれます。


お肌のツヤもアップ‼︎



ホームページで詳細と
お客様の声をご紹介しています。
乾燥肌が気になる方は
是非、チェックしてみてくださいね。

10月はキャンペーン中です。

 ↓






e0108851_20151988.jpg




e0108851_15462136.jpg








e0108851_21463588.jpg


KYOTO






[PR]
by lapomme-beauty | 2016-10-11 00:16 | ◆DIARY and BEAUTY | Comments(0)

コスメコンシェルジュ®おすすめの秋の美肌アイテム

Lait Demaquillant
美肌作りは乾燥対策から。
e0108851_08314570.jpg


お肌の美しさを維持したい人は
夏のダメージを受けたお肌を
次の季節に持ち越しません。



ここで



勘違いスキンケアをしてしまいがちなのは




肌がごわつく
毛穴が広がる




『汚れをしっかり落とさなきゃ。』


そして


『油分でフタして保湿しなくては。』




まだ このような一昔前のスキンケアを
行っていては、美肌どころか
老化肌まっしぐらです。




今の『保湿』の考え方は、


お肌の内側から湧き出る水分をサポートすること。


なのです。




その潤い成分である『皮脂』を取り過ぎず
マリンミネラル、海藻などタラソテラピーを
ベースにした、クレンジングミルクが
レデマキャン マラン』。



フランス語で『』はミルクを、
デマキャン』はメイク落としを
マラン』は海を意味します。


お肌は取り替えられないから
毎日使うものは、こだわりたい方に
おすすめアイテムです。



スキンケアレッスンを
受けて頂いた方からは


今までの『クレンジングの概念』が
変わられて、


宣伝にふりまわされなくなり
化粧品の情報探しに費やす、
ムダな時間が減りましたという方や




今までのスキンケアは何だったのだろう
と言われる方もいらっしゃいます♡



ポイントは
潤い成分である皮脂との
上手な付き合い方です!



リヨメール
レデマキャン マラン
500ml 7,000円(税抜)

キャンペーンで10%オフ中です。【2016.10.31迄】
ご覧くださいませ。






e0108851_20151988.jpg




e0108851_22230671.jpg






e0108851_21463588.jpg


KYOTO









[PR]
by lapomme-beauty | 2016-09-23 09:05 | Campaign | Comments(0)

白トリュフで潤うふっくらお肌。

MARIA GALLAND PARIS

最も進化した集中ケア。ザ・エッセンス。
e0108851_23264198.jpg
エステティック本場の最高峰スキンケアブランドのマリアギャラン。


今年、日本初上陸したエッセンスシリーズですが本当にお肌がワンランクアップするお客さまが続々です。


サロンでお手入れてしていると、以前と比べると乾燥は気にならなくなられますが、こちらのエッセンスシリーズで更にお肌がシルクのように!


柔肌で、抜け感のあるお肌に♡
40歳台、50歳台のお肌もまだまだ変わります。


スペシフィックコースに取り入れていますが、ホームケアでも人気なのが以前にもご紹介したキャビアエッセンスゴールド(純金)エッセンス。



そして、元々キレイなお肌の方でもまだ、キレイになれるのが白トリュフのエッセンス。

白トリュフ
白いダイヤモンドと言われるほど、希少価値の高い成分。
良質なアミノ酸や、ミネラル・オリゴエレマンを豊富に含有。肌の水分レベルを整え、みずみずしいハリをキープします。

リンゴ幹細胞エキス
腐らないリンゴとして希少価値の高いスイスリンゴの植物幹細胞から抽出。植物の偉大なパワーを注入して肌にイキイキとした美しさを与えます。



お化粧水でお肌を整えた後に使用します。
とっても簡単スキンケアです。


香りもマンダリンオレンジ、ジャスミンでさすがフランス、優雅な香りで癒されます。



サロンのケア後、このエッセンスで、4日間シンプルケアをしてお肌の土台を底上げます。その後シミやたるみ、吹き出物、くすみなどのいつものスキンケアに戻します。


厳選された美容成分のエッセンス。
ザ・エッセンス004
内容量:2.5ml
価格:3,000円(税抜)

使用法:夜、お化粧水で整えた後に手の平に4分の1程度をとって顔から首にかけてなじませます。



初めてご購入の方は、特典がございます。
お問い合わせはサロンまで。








e0108851_22230671.jpg




e0108851_20584112.jpg






[PR]
by lapomme-beauty | 2016-07-08 14:32 |  ├ Salon Item | Comments(0)

美肌づくりの第一歩。

Démaquillant
「落とす。」 そして「慈しむ。」
e0108851_14561370.jpg





クレンジングこそ、美肌づくりの第一歩です。
こだわっている人と、そうでない人では
肌年齢に大きな差がつきます。





ここでクレンジングに対する
大きな誤解をしている場合があります。



「汚れは二度洗顔で、しっかり落としています。」


「肌がキュッキュッするほど、さっぱりするまで洗います。」


「家に帰るとすぐに、メイクを落としてお肌の負担をかけないようにしています。その後は、どうせお風呂に入るから化粧水も何も塗らないです。005.gif





・・・一見、お肌に良さそうではあるけれどそれなのに



肌が乾燥する。
小じわが増えた。
肌が敏感になってきた。
大人ニキビができてきた。
毛穴が開いてきた。



等ということはありませんか?
そういった場合はクレンジングを見直す必要がありそうです。



年齢を重ねていくと
お肌を乾燥から守ってくれる『皮脂』の分泌量が減ってきます。



それなのに汚れを取ることに固執し過ぎて
さっぱり、しっかり洗うことがよいこととばかりに
皮脂を取り過ぎてしまってるのですね。



ここに気付かずにいると
乾燥が進み、老化角質がスムーズに落ちていかなくなり



くすんできたり
角質が溜まって、肌がゴワゴワしてきたり
毛穴の開きが目立ってきたり
毛穴が詰まってきたり



肌の弾力やハリがなくなってきたり




"バリア機能の働きもする皮脂"の量が少ないので
外部からの刺激に過敏に反応して
敏感肌に傾いてしまったり



そしてお肌の働きが低下してしまうのですね。



以前、オイルクレンジングが大ブームになりましたけど
オイルクレンジングはクレンジング剤の中でも
汚れを取る働きが強い=界面活性剤も多いのです。




お肌と上手く向き合われていた方は
“ん?何か違うかも”とオイルクレンジングをストップされます。



洗いすぎに気付かずに、高価な化粧品を次から次へと変えたり
更に毛穴パックをしてみたり、化粧水をたっぷり塗ってみたり
毛穴が余計に開くからクリーム類は使わないとかしがちですが
クレンジングを見直すと、お肌は変わってきます。



せっかくの良い美容液や、クリームを塗るならば
肌状態を整えてあげて
その効果を最大にいかしてあげたいものです。




お肌の潤いを守りながら
メイクの汚れを落とすのに適しているのは
ミルクタイプのクレンジング。
クレンジングオイルや
さっぱりクレンジング系と比べると
界面活性剤も少なめです。



ミルクタイプの乳液はフランス語で
lait démaquillant (レ デマキヤン)。


démaquillant (デマキヤン)は
メイク落としをいいます。
lait (レ)はミルクを意味します。
“カフェ オ レ”もそうですよね。



フランスの水は硬質なので洗顔すると
お肌がごわつくのでフランスの女性は
ミルククレンジングでメイクを落として
ふき取り化粧水でお肌を整えるのが基本




乾燥肌を予防するにはおすすめのミルククレンジング。




これから夏に向けて、エアコンや汗などで
お肌の乾燥しやすい時季におすすめのアイテム。





乾燥することは、お肌の弾力やハリがなくなってくるので
エイジング肌はお肌の保湿に気遣うことも大切
です。
年齢を重ねても“美肌”であることは
輝いて見えます。




私の理想とする“美肌”は少しくらい
シミやシワがあっても
透明感のある肌。
弾力があって肌理(キメ)の細かい
思わず触りたくなるようなお肌です!




[PR]
by lapomme-beauty | 2016-05-29 14:44 | ◆美容コラム | Comments(0)

洗わないフランス式洗顔で潤う肌に。

Démaquillant
潤いキープが老けない肌への第一歩。






フランス式洗顔であるふき取り洗顔
私もこのメソッドに変えてかれこれ20年。

La Pommeでも、乾燥が気になる方におすすめしています!


保湿力の高い化粧水はDr.ルノー
ローションフランベリーがダントツ。
フランボワーズの甘い香りにも癒されます♡


クレンジング専用のルノーのスポンジチーフ
滑らかな質のよい肌触り。


クレンジングミルクをお首にも伸ばして
このスポンジチーフでふき取ると
首のシワ予防になります。


応用で朝の洗顔も洗わずに
ローションでふき取り洗顔



初めは皆さん、洗わないことに驚かれますが
ちゃんとおすすめのコットン
ドラッグストアで調達して実践して下さります。




キレイになっていかれる方は行動も早い!





フランス式洗顔とは・・・


湿度が低く乾燥が激しいうえ、水質が硬水という
過酷な環境のフランスで女性の肌をいたわることから
考え出されたフランス式クレンジング法。



「不要なものだけを取り除き、大切な水分や油分は残す」
という考えは60年以上たった今もなお、
多くの女性に支持され続けています。





ドクタ・ルノーの「潤いクレンジング」の良さが実感できる
正しい使用方法をyou tubeで見つけましたので是非参考に♡






毛穴やテカリが気になる方の
おすすめふき取りローションはこちら








e0108851_15462136.jpg



e0108851_20584112.jpg



e0108851_20425445.jpg



[PR]
by lapomme-beauty | 2016-05-01 16:10 | ◆美容コラム | Comments(0)

若々しい柔肌と輝くツヤ肌を演出する美容液

Black orchid, Gold

贅沢美容液。
e0108851_11524207.jpg

左 柔肌保湿オイルエッセンス
バイオレット、ガイアックウッド、ローズの香り
マリアギャラン ザ エッセンス002

右 ツヤ肌トーンアップエッセンス
ペパーミント、フリージア、ホワイトムスクの香り。
マリアギャラン ザ エッセンス006

各2.5ml 3,000円(税抜)

スペシフィックコースでも目元、口元の
マッサージに使用しています!






先日、昼間からスパを楽しんだのはいいのだけど
(4時間もいてました…。)
半露天風呂でうっかり日焼け!


帰ってもまだ、のぼせが続いているのかと
赤い頬を見ても日焼けしたことに気付かずにいた私(笑)


夜になってお肌がピリピリ。
そして、ようやく気付いたのです。

ほとんど貸し切り状態の半露天風呂で
屋内ではあったけど、壁一面の大窓から吹き込む
心地よい風に吹かれて、
日差しの方を向いて
気分よく何回も出たり入ったりしていたことを…058.gif


無防備すぎる!

日焼けはシミだけではなく

乾燥も引きおこして

シワ

たるみ

の原因を作ってしまいます。


慌ててコラーゲンシートで、鎮静冷却。

乾燥させないよう

翌日から左側の紫のエッセンスで乾燥対策。

落ち着いてから右側のゴールドのエッセンスで
ツヤを回復させる計画手入れを実行!

おかげでスグに元に戻りました!


紫のエッセンスは『オーキッド』(蘭)のエキスが
抗酸化を高めてくれます。

そして肌なじみの良いアルガンオイル
肌深部に潤いを与えてくれます。
アルガンオイルは貴重なオイルで
栄養が豊富でアンチエイジングにも最適!



日焼けをした場合、水分補給も大事ですが
そればかりしていては後で皮がポロポロ
剥がれて見た目にはあまり美しいとは言えない状態に…。


内側の潤いを、長時間満たすことを
優先してあげるといいです。


ただ、普段から乾燥がきついお肌の場合は
表面の乾燥を進行させないことを念頭においた
ケアが必要となるのでケースバイケース。


いろいろ考慮することも大事ですね。


そして右側のエッセンスは
マイクロ化ゴールドでお肌にエネルギーを
与えてくれます。


ツヤ不足、くすみに!



様々なお手入れのパターンの組み合わせを
考えるのは楽しいですが
まずはお肌に負担をかけないよう気をつけなくては…(汗)







e0108851_22230671.jpg



e0108851_20584112.jpg


[PR]
by lapomme-beauty | 2016-04-29 12:28 |  ├ Salon Item | Comments(0)

美肌を保つフランス式クレンジング

MARIA GALLAND

サンダルウッド月下香の香りで癒されるスキンケア。
e0108851_151399.jpg

クレンジングの後はふき取り化粧水で
やさしく丁寧にふき取ります。
ダブル洗顔はしません。
こちらは只今、サロンで使用のアイテム。


ノンアルコールで、汚れや余分な皮脂も取り除く
高いひきしめ作用が期待できる化粧水です。


フランス式洗顔は皮脂の取り過ぎがない
理想の洗顔メソッド。乾燥肌予防になり、エイジングを
加速させません。


この方法に切り替えて、かれこれ20年近く。
便利で手軽でもあります。


こちらのふき取り化粧水は
毛穴のひらきテカリが気になる方にもおススメです。



コットンにたっぷりと含ませて・・・。



e0108851_1511799.jpg
マリア ギャランのパッケージは
開けたときも気分が上がります!

マリア ギャラン マティファイングローション62
200ml ¥3,500(税抜)







e0108851_22230671.jpg



e0108851_2004018.jpg














[PR]
by lapomme-beauty | 2016-02-05 17:53 |  ├ Salon Item | Comments(0)

古い美容法で保湿していませんか?

e0108851_185732.jpg

お肌のキレイを保つ要である『保湿』。

やはり保湿のケアができていると、老化のペースも緩やかになるので
エイジング世代はしっかり保湿しておきたいところ016.gif

けれども、保湿することを勘違いしたままケアされている方も少なくありません。


もしあなたが『保湿するって、油分でフタをすればいいのでしょう』と思っていたら
残念ながら、古い美容法
を行っているかも・・・


しかし、化粧品を売っている販売員の方でも“油分でフタ”と、いまだに言われてる方も
いるので、まだまだ今の『正しい保湿』を知らなくても仕方がないことです。。。

さて、今の保湿とはお肌の内側を潤いで満たしてあげることをいいます053.gif

この保湿を叶えてくれるのが『セラミド』。


ラポムの『アンチエイジング』コースではこのセラミドを使用したトリートメントを行っていますよ。

セラミドとは細胞間脂質類似成分で角質層の細胞と 細胞の間にあります。
お肌の内側から潤わせてくれて、ハリと弾力を高めてくれます。


上質なセラミド3種類が入っていて、レチノールを多重層リポカプセルで
コーティングしダメージを受けた細胞層に活力を与えてくれます053.gif





もっと知りたい方はこちらの『本当の保湿とは』も御覧ください016.gif
[PR]
by lapomme-beauty | 2014-09-23 02:01 | ◆美容コラム | Comments(0)

本当の保湿とは・・・

e0108851_13232270.jpg正しい保湿=正常なバリア機能を保つこと


「正常なバリア機能って・・・?」


たとえば、お風呂にずっとつかっていても、お肌にお湯がどんどん入っていかないですよね。



なぜかというとお肌の表面に「バリア機能」が働いているからなんですね。
お肌の表面のわずか厚み0.02mmほどの角質層の中に
そのしくみがあるのです。

その角質層は角質細胞で造られていて
角質細胞同士の隙間はセラミドなどの
「角質細胞間脂質」がぴったり埋めているんです。


イメージしやすくたとえてみましょう。

積み重なったレンガ→角質細胞

その間をぴったり密着している
セメント→セラミド


いかがですか?
角質層のイメージできましたでしょうか?

これによって
外部からの水分や異物がお肌の中に入り込むのを防ぐと共に
お肌の内側に湧き出る水分を角質層に蓄えておくことができるのです!


健康なお肌の場合、角質層は20~30%の水分を含んでいます。

お肌が自ら作り出すセラミドは細胞同士をくっつけるだけでなく
保湿物質としての大きな役割も担っているのですよ。


このように本当の保湿とは
体の外から水分を取り入れるのではなく
体の内側から湧き出る水分を肌の中で保つこと!なのです。


では どうしたらきちんと保つことができるお肌になれるのか・・・☆



次回はその続きを


◆続きはコチラ 『水分をお肌の中で保つには


e0108851_19474373.jpg
La Pommeのホームページはコチラ

[PR]
by lapomme-beauty | 2010-08-06 13:54 | ◆美容コラム | Comments(0)