ブログトップ

シンプル ビューティー La Pomme KYOTO

luxesalon.exblog.jp

やってはいけないスキンケア

Dairy Care
若々しさをつくるのは日々の習慣。
e0108851_18192739.jpg

20代の頃、フィットネスクラブのサウナで
衝撃的なことがありました。
お顔のマッサージをしている人がいてたのですが
頬がブルドッグみたいになっているのです。

適当にただ、ぐいぐいと力を込めてマッサージをして
たるみを伸ばしている感じでした。



今まで何回かフィットネスクラブに通ったことが
あるのですが、メイクルームで
同じような光景を見たことがあります。



で、やはり同じくブルドック状態なのです。


関わっていた化粧品プロデュースの調査で
気になる状態の記入をしてもらうのですが
セルフマッサージをしている人は必ず
アンケートのお顔の絵に法令線が描かれていました。





なので、肌の扱い方は20代からそ〜っとなでるように
気をつけています。


サロンに来られる方も
肌や自分自身の扱い方を大事にされていて
指を滑らすように化粧品を塗られる方がほとんど。


お顔に触れてもいハリ、弾力が
実年齢より若いのがわかります。






肌への慈しみ。
肌もそれに答えてくれます。





肌を強引にマッサージしたり
シワを伸ばしたりすれば
それは“たるみ”となって表れます。


なのでエイジング世代の方には
『セルフマッサージはしないで』とお伝えしています。



20代前半の方なら
ターンオーバーを高めるために
おすすめすることもあります。


但しきちんとマッサージクリーム
マッサージオイルを使用必須です!




e0108851_18192723.jpg


そして普段の汚れは皮脂を取りすぎず
潤いも損なわないミルククレンジング
やはりおすすめ。


ただ気をつけたいのは、ミルクタイプであっても
安価な石油由来のオイルが
配合されている場合もあります。


そのオイルが肌に残る感じを取るために
すすぎ過ぎてしまうのは本末転倒。


結局洗いすぎて皮脂を取ってしまうのです。



すると乾燥肌になり老化へのトリガーとなりますので要注意です。




e0108851_15462136.jpg


e0108851_20584112.jpg



e0108851_20425445.jpg




[PR]
by lapomme-beauty | 2016-04-30 23:27 | ◆美容コラム
<< 洗わないフランス式洗顔で潤う肌に。 若々しい柔肌と輝くツヤ肌を演出... >>